2020/5/28更新

             
          
                                      《リベラシオン社》について       
                                     E-mail sphy4e29view.ocn.ne.jp・・・・★=@に換えてください。
****************************************************************************************
         哲学者たちは世界をさまざまに解釈してきたにすぎない。            
       肝腎なのは、世界を変革することである。      
                     Die Philosophen haben die Welt nur verschieden interpretiert, es kömmt drauf an, sie zu verändern                          
       
Karl Heinrich Marx 「ホイエルバッハに関するテーゼ」

      
****************************************************************************************
      ★批評・理論活動の構築を

             現在の階級闘争は、選挙運動・労働運動・市民運動・社会運動等と領域が「多様」化しています。

 

             「選挙運動で革命」「労働運動で革命」「市民運動で革命」「社会運動で革命」等の多様な「革命論」は

            

             正誤を審判する状況、段階では無いと思われる。

 

             ただし、将来の階級闘争が特定の状況ー機動戦を生み出す可能性は否定出来ない。

             

             現在の問題は、担保として言われる「革命」の内容であり、社会主義・共産主義革命の内容(総括)である。

 

             さらに様々な「政治運動」「理論」「思想」に対する社会主義・共産主義からの批評・理論活動であると思われる。

         
                  
 中国湖南省長沙市の駅を消毒するボランティア(2月4日) REUTERS 
        
書評「2050年世界人口大減少」&(佐藤隆5月・)
 
新型コロナ問題について()(新開純也5月6日)

  新開さん「コロナによる世界経済への影響」を読んで(高原浩之4月23日)

コロナによる世界経済への影響ーリーマンショック時との比較(
新開純也4月18日補足)

            コロナ・パンデミックの世界(斎藤隆雄4月17日)

新型コロナ後の世界に向けた思考 ラトゥール「地球に降り立つ」の解説(境毅5月6日)

     新型コロナ後の世界を考える(境毅4月27日)

      
       ラトゥーラの「地球に降り立つ」の勧め(境毅4月11日) 
  
 
 
「ルイ・ボナパルトのブリュメール18日」をどう読むのか(大藪龍介2020年)

              
     ローザ・ルクセンブルグに関する覚書(八木沢二郎2020年1月3日改稿)

     
ポピュリズムとは何か(新開純也2019年12月21日)
    
     れいわ(山本太郎)と欧州ポピュリズム(新開純也8月3日)

 
ソ連・東欧体制崩壊とユーゴ崩壊、そしてEU(大谷美芳2020年1月)
                      
エリック・ホブズボーム「20世紀の歴史」を読んで(大谷美芳12月17日)

再び日韓条約に反対する(大谷美芳11月8日)

香港人民に連帯する(大谷美芳10月26日)

変革構想の研究(請戸耕市「未来」連載①~⑩)

社会革命としてのアソシエーション(請戸耕市)

 

マルクス革命論をあらためて学ぶ(三船二郎「未来」271~4) 

 

                    《現代革命》模索に向けた論争!
   
WEB労働者によるマルクス主義研究 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  ★1956年2020年

    

         ハンガリア革命の記録(『共産主義者』別冊1966) Hungary               Hong Kong                

    
     5・3改憲反対デモ!
             
                 
人民新聞「情報ひろば」カレンダー
                 
                 PDF戦争法廃止・安倍たおせ!反戦実行委員会とは!!    
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


 
13ヵ年闘いの記録ー2020年6月発行予定

   @¥1000賛同予約を!
   
 
 
                   第1回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 基調報告(2007・10.21)

                 第2回共同行動in京都 基調報告(2008・10・19)

                 第3回共同行動in京都 基調報告(2009・10・18)

                          第4回共同行動in京都 基調報告(2010・10・24)

                 第5回共同行動in京都 基調報告(2011・10・16)

                 第6回共同行動in京都 基調報告(2012・10・21)

                 第7回共同行動in京都 基調報告(2013・10・20)

                 第8回共同行動in京都 基調報告(2014・10・19)

                 第9回共同行動in京都 基調報告(2015・10・18)

 
                第10回共同行動in京都 基調報告(2016・10・16)

                   
第11回共同行動in京都 基調報告(2017・10・29

           第12回共同行動in京都 基調報告(2018・10・21)
                 
                      
第13回共同行動in京都 基調報告(2019・10・27)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
  ★『追想にあらず』
出版記念・討論会(仮称)延期!
    5月23日(土) 14:00~17:00 会場:キャンパスプラザ京都大ホール 参加費:未定
    プログラム:第一部記念講演 酒井隆史 第2部 討論会

            主催:『追想あらず』刊行委員会/ルネサンス研究所・関西研究会
       
     何で今ごろ7・6なのかー7・6から連合赤軍までー(2018・5・30)  
 
                       チラシPDF追想にあらず(最新版)
      
 
              《書籍発起人会》三浦俊一(代表)/榎原均/新開純也/高原浩之/物江克男/八木健彦  
連絡TEL090-9236-9148(三浦)

                          (執筆者)赤木志郎(大阪市大)/魚本公博(関西大)/小西隆裕(東大)/若林盛亮(同志社大)・・「よど号」メンバー
                       
  足立鐘平(桃山学院大)/足立正生(日大芸・映画監督)/上原敦男(明治大)/榎原均(京大)/大越輝雄(立命館大)/重信房子(明治大・日本赤軍)/佐藤秋雄(専修大)

  新開純也(京大)/高原浩之(京大)/田中正治(同志社大)/中島慎介(同志社大)/成島忠夫(静岡大)/西浦隆男(大阪市大)/三浦俊一(関東学院大)/物江克男(滋賀大)/八木健彦(京大)

                     
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
              
糟谷孝幸君に関する本への原稿執筆のお願い

  


                     
1・13追悼50周年集会Photo集                
                    
1・13糟谷孝幸君追悼50周年集会


           プロレタリア学生同盟結成宣言(「統一」320号1969・4・14)

           権力犯罪を忘れない 許さない(内藤秀之「ピープルズ・プラン」86号)                    

                               1948年8月8日生まれる(兵庫県加古川市) 68年岡山大学入学 68年岡山大学全共闘参加 機関紙「コムネ」発行
                               1969年11月13日佐藤訪米阻止大阪闘争(扇町公園)逮捕 14日死亡(享年21歳)

 

   
    《賛同連絡》TEL086-242-5220 E-mail m-yamada@po1.oninet.ne.jp(山田雅美)
          
WEB糟谷孝幸1969
                          「新左翼」第44号(糟谷虐殺抗議特集1969)
                         
                                 「戦旗」第202号(11・21)
                         1969年12月糟谷君虐殺抗議集会(東京「野次馬雑記」NO59)
               反弾圧第4号(1969・12・13)        反弾圧・号外(1970・1・27)   
                         謝辞!提供ー元プロレタリア学生同盟(岡山大学)I氏 謝辞!提供ーAssert WEB S氏
                 
   第320号(1969・4・14) 糟谷孝幸君虐殺に反撃の嵐を!(11・14) 糟谷君虐殺弾劾 全関西集会(11・19)  糟谷・・追悼京都人民葬へ(12・4)
                                                                 
弾劾(1970)  弾劾(1976) 昏い死の告知に答えよ(コムネの会1970) 抑圧するものすべてに災いあれ(1976) 戦士は土の下でもなお詩い続ける(1979) 
     ★ 
19691113日佐藤訪米阻止闘争の抗議デモの中で、機動隊による警棒の乱打で虐殺された糟谷孝幸さんの闘いと追悼を歴史に刻むために始まった
                    「糟谷孝幸プロジェクト」に敬意を表し連帯します。

                    あの時、私は丁度1111日に初めて逮捕され、東京の上野菊屋橋署に勾留されていました。

                    925日に北区滝野川会館で行われた赤軍派政治集会の無届が理由でした。

                    屋内の集会は、当時は届出なしが通常のことで、それだけで公安条例違反の初逮捕は、論議を巻き起こしました。
                    しかも、「届出は不要」という会館側の行政指導を受けて、その通りにしたにすぎず、抗議し2泊3日で釈放されましたが、
                    その後すぐ「別件逮捕」で「428闘争の凶器準備幇助罪」で拘留されていました。

                    当局は「大菩薩峠事件」を調べたいために、関連のない事件を持ち出したのです。

                      この時、丁度東京でも激しく佐藤訪米阻止闘争が続き、毎日女学生の逮捕が増え、菊屋橋署も満員になりました。
                    私の後から逮捕されて入ってきた東京女子大学の学生が「大阪では、昨日岡山大の学生が、108の山崎君みたいに虐殺された!」と教えてくれました。
                    命がけでしかデモも出来ない時代になっていると、みんなで話し合ったのを思い返しています。

                    そして、1117日佐藤訪米の朝、私はみんなに呼びかけて、抗議のシュプレヒコールを訴えました。
                    虐殺された岡山大の学生と、訪米に抗議の意志を示したかったのです。「シュプレヒコール!佐藤訪米を許さないぞ!」
                    インターを歌い、口惜しくて泣いている人もいました。

                    糟谷さんのこのプロジェクトの呼びかけと、当時の「新左翼」紙を読んで、
                    あの1969年の50年前、獄中でのスクラムと抗議のシュプレヒコールとインターナショナルの歌声を鮮やかに蘇らせています。

                  プロジェクトの成功を祈ります。   
                          821日 重信房子
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
      Reinstatement of Proletarian internationalism!

                 資本主義の再定義―台頭するグローバル極右を見据えて(小倉利丸2・2)
        
           G20批判(小倉利丸5・11)

      政治と経済、そしてナショナリズムーグローバル化する極右と象徴天皇制批判のための問題提起(小倉利丸9・29)


                 反資本主義の再定義について(斎藤隆雄「火花」431号・4月)              
      
                    リッダ闘争47周年記念集会(5・26) 
 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★   

  「労働者は祖国をもたない」-これは、(α)彼の経済的地位が一国的ではなく、国際的なこと、

(β)彼の階級敵が国際的なこと (γ)彼の解放の条件もまたそうであること

(σ)労働者の国際的統一が一国的な統一よりも重要であること、を意味しています。        

 




vladimir ilyich lenin
 
Letter to Inessa Armando, 1916



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

                                                                  
    no94(3-4月)         第35号(5・15)         第607号(5・1)         第140号(5・10)           
    Back Number「The Red Stars」 Back Number「radical chic」           Back Number「プロレタリア」         
 
                                      WEB共産同統一委員会  WEB労働者共産党    WEB革命21
 
             ネグリ=ハートを読む①~⑱(幾瀬仁弘)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
       
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  共産主義運動年誌6・13討論会!

         
     ≪ポピュリズムと階級≫ 
          <日時>6月13日(土)13:00~17:00 <会場>としま産業振興プラザ第2和室(旧豊島勤労福祉会館)
                (TEL03-3980-3131 豊島区西池袋2-37-4~池袋駅西南口徒歩5分)<参加費>


                
<報告>大杉莫/流広志/椿邦彦 <主催>『共産主義運動年誌』編集委員会
                 <連絡>TEL090-7287-1968(幾瀬)/090-2848-0833(流)
           6・13共産主義運動年誌討論会チラシ
 共産主義運動年誌 別冊論争第6号(4・11)
                 2020年4月11日 ¥200 発行=共産主義運動年誌編集委員会
                            Back Number    
               


*れいわ(山本太郎)と欧州ポピュリズム/新開純也
*新情勢の中で、世界的な社会主義・共産主義の新勢力の台頭に続こう/流 広志
*自然と共生し、人の関係を豊かにする社会をー「社会変革のためのプラットホーム(案)の紹介を兼ねて/松平直彦
*安倍政権を幕引きに追い込もう!-安倍首相退陣への闘いは最終コーナー!!/ワーカーズ・飯嶋 廣
*虚構のアベ政治~G20大阪サミットが示したもの/椿 邦彦(革命的共産主義者同盟再建協議会)
*天皇制・天皇制イデオロギー粉砕~「代替わり」攻撃打ち破る政治決起を!/野村興起(共産主義者同盟(統一委員会))

第二十号
¥1000 2019年9月1日発行=共産主義運動年誌編集会議 
 
                            『共産主義運動年誌』Chronicle      
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        ルネサンス研究所
     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 ASSB(Alternative Systems Study Bulletin)
         Back Number
 
              第27卷第6号(168号5月9日)    第28巻第1号(169号5月9日)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
       追悼の方々ープロフィール      
 訃報!佐藤秋雄(羽山太郎)死去    2020年5月27日(享年 )
 
      

訃報!小川登(長尾弘夫・竹中明夫)死去 -2020年4月21日(享年 )
              

      56年京大入学 58年「六・一事件」参加 58年共産同京大細胞(佐野茂樹・今泉正臣・北公路・野口修)結成 58年共産同関西地方委員会書記長 59年京大同学会副委員長                         
      61年革共同全国委へ移行 〇年反戦教師の会結成 68年「・・指導部のプチブル急進主義を弾劾する!」(マル青労同教育委員会大阪支部) 68年離党 69年桃山学院大学教授                      
      06年桃山学院大学社会学部長退職 06年9条改憲阻止の会結成                                                                                         


 
訃報!星野征光ー死去 1945年-2020年4月21日(享年75歳)
                 

        65年京都府立医科大学入学 66年医学連第13回大会中央執行委員(委員長:木下信一郎)66年大阪医学生共闘会議(京都府医大・大阪府医大・関西府医大)                  

        68年京都府医大10.21ストライキ 69年全学共闘会議(機関紙「バリケード」)70年光愛病院 71年精神科医全国共闘会議 71年保安処分粉砕関西共闘会議事務局長             

        01年星のクリニック医院長 11年第5回反戦・反貧困・反差別共同行動in京都呼びかけ人                                                            



  
訃報!蔵田計成ー死去 1934年ー2020年3月1日(享年85歳) 
  57年早稲田大学入学 58年共産同結成参加 59年東京都学連副委員長 60年共産同「革命の通達」派 68年マスコミ反戦連合委員長 06年9条改憲阻止の会 
             
追悼ー蔵田計成:持続する「憤激」-60年安保闘争とは何だったか(古賀暹4・14)              


訃報!泉水博(日本赤軍・岐阜刑務所)1937年ー2020年3月27日(享年83歳)
    私の自己批判と総括(泉水博「人民新聞」1979年369・70)            
 敬慕する兄へ(愚弟 泉水博「ザ・パスポート」34・1992年)   
                      
 60年無期懲役(強盗殺人)74年獄中者組合結成 77年日本赤軍ダッカHJ闘争ー釈放 80年人民通信編集委員会 86年逮捕(フイリピン)95年最高裁判決(懲役2年 前刑無期懲役)

  訃報!水田ふう       1947年ー2020年2月16日(享年73歳)   
                       
  ふうさんの追悼にかえて(渡辺亜人2020年3月16日)           

 
訃報!佐野茂樹(佐伯武)-死去 1938年ー2020年1月21日(享年81歳)  
  
            

    53年神戸高校入学(同期生・樺美智子)56年京都大学入学 57年京都府学連委員長 58年全学連第11回大会副委員長 59年共産同京都大学細胞結成 
  65
年共産同統一委員会結成大会中央委員(佐伯武・在関西)
65年「先駆」31号「日本階級闘争の前衛部隊=共産主義者同盟を先頭に前進を開始せよ!」(佐伯武)
  
66年共産同再建第6回大会中央委員 66年「政治情勢の特質と我々の運動目標」(『烽火』NO167年「プロレタリア独裁の党建設にむけて」(『烽火』NO2
  
67年「70年安保と沖縄問題」(『烽火』NO5 68年共産同第7回大会議長(佐伯武)68年共産同第8回大会副議長(軍事委員長) ~議長さらぎ徳二 
    68年「革命党建設の諸任務」(『烽火』NO768年「世界党建設の諸任務」(『烽火』NO8)70年「蜂起に関する覚書」(佐野茂樹『序章』2号)
  70年「敗北の教訓」(『構造』4月号)70年「インドシナ革命から蜂起態勢へ」(『構造』7月号)70年「永続世界革命と民族解放闘争」(『構造』12月号)
  71年「革命軍創出・帝国主義軍隊解体と<沖縄闘争>」(『構造』5月号)
71年『佐藤政府を倒せ!武装闘争と大衆路線を結合・発展させよ!』(佐野茂樹)
  71
年『帝国主義を包囲せよ!獄中論文選』(佐野茂樹)72年「日本共産主義運動前史から本史へ」(『序章』8号)72年「団結ー批判ー団結」(『査証』NO3)
  
76年『朝鮮民族自決―統一と日本共産主義運動の原則的任務(上)』(佐野茂樹)

  92年「緑の地球ネットワーク」(GEM)代表(会報『緑の地球』)93年「国境を超える緑の風」シンポジウム

        
佐野茂樹さんを偲ぶ会(京都) 松岡利康



     佐野茂樹さんを偲ぶ会(東京)延期!
        4月11日(土)15:00~17:00        
     
会場:祭(千代田区神田駿河台1-5-6  TEL:03-323-3332)       
        会費:¥3000                                

         佐野さんは、第一次ブンドの時期には全学連副委員長でした。
         第二次ブンド(1966年第6回大会で再建)の時期には、68年の第7回大会で議長に、第8回大会で副議長に就任し、
         69年4・28「中央権力闘争」を軍事委員会委員長として指導しました。
         ブンド崩壊後は、「緑の地球ネットワーク」(GEN)代表として環境運動に取り組んできました。

        第二次ブンドとその闘争、ベトナム反戦・安保・沖縄闘争については、多くの人びとに大きな「想い」があると思います。
         当時は、情熱と確信をもって参加した。そして、大きな歴史的意味があった。
         しかし、その後の経緯と経験から考えると、大きな反省もあるのではないかと思います。
         このような「想い」を持ちながら、今日までの半世紀、組織を維持し、運動を続け、
         それができなくても志だけは持ち続けてきたのではないかと思います。

        縁のある者が集まり、佐野さんを偲びながら、「想い」を語ろうではありませんか。
       **********************************************************
        

       皆様、案内いたしておりました「佐野茂樹さんを偲ぶ会」(御茶ノ水・「祭」)は、延期いたします。

       新型コロナ感染症が拡大し、医療崩壊や感染爆発の可能性さえ予測させる状況があり、われわれ高齢者は基礎疾患も多く、

       感染した場合は重症化と重篤化の危険性が高い事情があります。これを考えれば、延期せざるをえません。

      延期の場合には後日に開催すると案内していました。

       状況の深刻さを考え、思い切って10月まで延期し、具体的な日時は7月にお知らせする予定でいます。

       現在の時点では、3か月後とか半年後とか見通しを立てられないので、後日、お知らせする次第です。

      なお、「会」で配付するために、『資料』を作成していました。参加を表明されていた方に送ります。

      また、考えていた発言を文章化して送っていただくなら(渡邊あてに5月連休明けまでに)、「資料」に追加して配付します。

       2020年4月3日 呼びかけ人一同

                 ※連絡先 渡邊義明

               116-0014 東京都荒川区東日暮里5-16--301

                          携帯電話090-4759-7879 E-MAILwatanabe@afasseq.com FAX03-5400-2273

          佐野茂樹さんを偲ぶ会(東京)「追悼文」集~4月3日

                  呼びかけ人:旭凡太郎/味岡修/羽山太郎/高橋道郎
        
高原浩之/田中正治/松平直彦/村田能則/渡邊義明

   
山田孝君の墓参にあたって(高原浩之9月22日)
  
    前田裕晤さんを偲ぶ会(2019)  
 
追悼!前田裕晤(大崎悟)1934~2019
        
6月28日死去(享年85歳)
   
前田裕晤年譜(「大阪中電と左翼労働運動・」)
   50年京都電気通信学園入学 50年電気通信省大阪中央電報局(中電)就職 50年豊中・刀根山寮入寮 52年中電全寮協議会結成 53年同志社大学入学 
   54年大阪電通労働運動研究会(第1次労研)結成 59年共産同大阪中電(秘密)細胞結成 61年共産同全国労働者細胞代表者会議 61年労働者協会(『烽火』)設立 
   61年日本共産党除名 62年日本共産党中電細胞解散ー中電労研(第2次労研『電通労研』)結成 62年(関西)共産同結成 64年関西労働者学園設立 
   65年電通反戦青年委員会結成 65年共産同統一委員会中央委員(大崎悟)67年関西地区反戦連絡会議議長(『叛乱』) 
   69年全国労働運動左翼活動者会議(共催:電通労研・長崎社研) 69年大阪電通労研総会(マッセンスト方針決定 前田裕晤離党)
   71年全国労働運動活動者会議(全労活)結成 71年『季刊労働運動』創刊 77年『労働情報』創刊 85年大阪電通合同労組委員長 86年『労働情報』編集長  
   89年電通合同労組全国協議会議長 91年大阪全労協議長 92年自治・共生・連帯の社会主義をめざす政治連合結成 00年キューバ訪問団団長
   04年全労協副議長 06年『田原芳論文集』出版記念の集い呼びけ人 07年九条ネット結成 14年『前田裕晤が語る 大阪中電と左翼労働運動の軌跡』刊行
   14年前田裕晤さんの傘寿と出版を祝う集い 17年怒れる世代の会(怒れる60・70年世代の会)共同代表
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  
  追悼!柳田健(野崎進・大阪市大)1940~2019
      反戦NO1(1968) 6月13日死去(享年79歳)
      58年大阪市大入学 59年共産同大阪市大細胞結成(武田信照・清島端典・柳田健) 61年労働者協会設立(『烽火』) 67年堺反戦青年委員会結成
      69年共産同関西地方委員会議長 69年共産同第9回大会中央委員(軍事委員長)95年人道帰国者の会 09年政治犯に対する重刑攻撃に反対する会
                

    柳田さんを偲ぶ会報告(2019年9月22日)
 ★
戦士として差し出す握手 肩を組み共に歌わんインターナショナル(重信房子)
        
大阪市大新聞史 喜怒哀楽の半世紀(1994)抜粋
                     
          柳田雑記1~27(2016年~2018年)

    
                 土方克彦さん追悼文(渡邊義明・高原浩之)     

   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 追悼!塩見孝也(一向健)





2017年11月14日死去(亨年76歳)
1962年京都大学入学 64年京都府学連第21回大会書記長 65年共産同統一委員会結成大会政治局員 65年社学同再建全国大会副委員長 

66年共産同再建第6回大会政治局員(学対部長) 67年第7回大会政治局員 68年第8回大会政治局員(東京都委員会)

69年共産同赤軍派結成(議長)70年逮捕(獄中約20年) 74年共産同赤軍派(プロ革)結成 

79年日本社会科学研究所(マルクス・レーニン主義、毛沢東思想)結成 89年出獄 96年自主日本の会(ぱとり)15年塩見孝也と銀河の会


3・4塩見孝也お別れ会~報告 3・17塩見孝也とその時代~報告 

 

世紀を越えてブントと赤軍派を考える(高原浩之11・16)

 

 7/6事件謝罪と経過報告(高原浩之9・14)  

 

  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

        
            追悼!西部邁ー1月21日死去(1939年~2018年 亨年78歳)

         58年東京大学入学 58年共産主義者同盟加盟 59年東京大学教養部自治会委員長 59年全学連中央執行委員
                      追悼!片山迪夫(佐久間元)-5月11日死去(1933年~2018年 亨年85歳)
    52年早稲田大学入学 58年共産主義者同盟政治局員 60年反スターリン連盟参加 60年『世界革命の挫折』(リベラシオン社)61年『先駆』発行(先駆社)
            追悼!今泉正臣ー5月25日死去(1934年~2018年 亨年83歳)
    53年京都大学医学部入学 56年医学連中央執行委員 59年京都大学同学会(再建)議長 59年共産同京都大学細胞(佐野茂樹・北小路敏・小川登・野口修) 
      59年共産同関西地方委員会議長 61年革共同全国委員会 68年離党 69年京都反戦青年委員会事務局員 
 
      81年国立ハンセン病患者施設職員 92年国立星塚敬愛園園長(鹿児島市)
           PDF追悼!今泉正臣(前田裕晤・柳田健・山崎博昭プロジェクト) 

 

  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★             
   ★
1968年「世界同時革命」
          
                 日本10・8羽田闘争               ベトナム革命戦争              中国プロレタリア文化大革命      
                                    「戦旗」第141・2号(1968・8・5)       

  
                                       
 
 1968年特集①(水谷保孝・前田佑一・重信房子 ブログ「野次馬雑記」501~503)
 
 反グローバリズム・新自由主義・反帝国主義の国際的連帯へ(旭凡太郎2017・8)  
 
  ★1959年キューバ革命 60周年
 Aniversario 60 del Triunfo de la Revolucion Cubana
                              
     Ernesto Guevara               Fidel Alejandro Castro         Raul Modesto Castro Ruz      Hugo Rafael Chávez Frias  
          1928-1967)              (1926-2016)                (1931-)            (1954ー2013)  
    何故、キューバはブレず、不屈で確固としており、それ故にキューバ民衆は勿論のこと、・(塩見孝也 MIXi2016) 
 
              Hasta La victoria siempre,Che querido
     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                            1917年ロシア革命
    
 Georgij.v.Plekhanov(1856-1918)V.I.Lenin(1870-1924)   J.Stalin(1878-1933)   L.B.Kamenev(1883-1936)   G.Y.Zinoviev(1889-1936)  L.Trotsky(1878-1940) Y.Preobrazhensk(1886-1937)   N.Bukharin(1888-1938)
            国際共産主義運動の歴史的教訓(榎原均『序章』13~16・1973) 
 
    反スターリニズム運動の総括(共産同RG『序章』12・1973)
     ロシア革命100年~レーニン最後の言葉(海路薫 共産同統一委員会 2017・11)
 
                       
                             
   第一節レーニン民族問題論の整理(2020完成版)
              
             ロシア革命における民族問題(第二章第一分冊2015年南雲)
 
     ロシア革命における民族問題(第二分冊 南雲)
 
             ロシア革命における民族問題(第三分冊 南雲)
 
             ロシア革命における民族問題(第四分冊 南雲)
                                                
            ロシア革命における民族問題(第五分冊 南雲)
 
       ロシア革命における民族問題(第六分冊 南雲)
 
       ロシア革命における民族問題(第七分冊 南雲)
 
    ロシア革命における民族問題(第八分冊・完結 南雲)
                               
      
          10月革命におけるソヴィエト国家体制創建の問題・決定版(大藪龍介2017)
 
   「ロシア革命100年」についての諸論文(2018・5・19南雲)
 
             資料「代表制と派遣制」(『マルクス・カテゴリー事典』)
          ロシア革命と中国革命およびマルクス・レーニン主義を論じる(大谷美芳2017・6)    
 
                  ロシア革命100周年討論会へのコメント(八木健彦2017・8)    
 
                  ロシア革命100年(旭凡太郎2017・8)      
 
                  ロシア革命100年の一教訓(流広志2017・8)   
 
                  ロシア革命再論・再再論(落合薫『展望』第20号2017)
 
         革共同関西派・落合薫『ロシア革命再論・再再論』を読んで(大谷美芳2017・11・3)
 
                 「ロシア革命再論・再再論」および大谷氏のコメントについて(南雲2018・1・9)
 
                                                         
                            Amedeo Bordiga(1889-1970)      Antonio Gramsci(1891-1937)      Palmiro Togliatti(1893-1964) 
                現代革命とアントニオ・グラムシの革命論(大伴一人『展望』第20号)
 
                        ロシア革命100年とグラムシ(大谷美芳9・)     
 
                      グラムシ批判(共産同ML主義派1978)
 
1949年中国革命-1966年プロレタリア文化大革命
  

Mao Tse- tung(1893-1976) Shutoku(1886-1976)    Chou en-lai(1898-1976)    Lin Biao (1907-1971)    Jiāng Qīng(1914-1991)  Zhang Chun-qiao(1917-2005) Ryuushouki(1898-1969)   Toushouhei(1904-1997)    

       楊継縄「文化大革命五十年」(2019年)を読んで(大谷美芳11・18)

                      《現代革命》模索に向けた論争!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     
ドイツ社会民主党(SPD)党内論争
                 

               Friedrich Engels Ferdinand Johann Gottlieb Lassalle Wilhelm Liebknecht   August Bebel     Karl Johann Kautsky   Eduard Bernstein   

                   (1820-1895)    (1825-1864)       (1826-1900)       (1840-1913)        (1964-1938)       (1850-1932)   

                           

                                 Friedrich Ebert   Hugo Haase    Alexander Parvus    Rosa Luxemburg  Karl Liebknecht   

                                 18711925)  18631919) (1867-1924)   (1781ー1919)     (1871-1919)                                                               

                        

       マルクス主義の普及史ードイツ編ー南雲2019~273P完結)

 

            ベルンシュタイン社会経済思想の生成①(久松俊一1967)    ベルンシュタインの社会観②(久松俊一1967)

 

      1917年初めのドイツ労働者運動(八代秀一『展望』21号6・1)

 
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  
               第108号(9・5)          1967年10月8日 10・8羽田闘争(穴守橋~全学連ー社学同・社青同解放派部隊)
          
           第114号(11・5)               1967年11月12日 11・12第二次羽田闘争                                            
              
   第354号(10・9)     第3号(10・15)     第250号(10・16)  No35(SSL・ML主義派10・21)  No36(11・6)           第112号(10・15)   
           

                          
       
 京都大学新聞(緊急号外10・9)   同志社大学新聞331号(10・15)        大阪市大新聞(号外10・10   

         
激動の六〇年代とマル戦派(成島忠夫)       手記~1967年10月8日(重信房子)    
 
       10・8羽田闘争の光と影ー三派全学連内部からの視点(野次馬雑記492)                 
                        ワルシャワ労働歌 Warszawianka
             【作詞】ヴァツワフ・シフィエンチツキ 【作曲】グルジシャノフスキー 【ロシア語訳詞】KRZHIZHANOVSKIJ GLEB MAKSIMILIANOVICH 【日本語訳詞】鹿地 亘
 
      

                          暴虐の雲  光をおおい  敵の嵐は  荒れくるう  ひるまず進め  我らが友よ  敵の鉄鎖をうち砕け

 

              自由の火柱輝かしく  頭上高く燃え立ちぬ   今や最後の闘いに   勝利の旗はひらめかん

                             

              起て  はらからよ  ゆけ闘いに   聖なる血にまみれよ   砦の上に我らが世界   築き固めよ勇ましく

 

            
       羽田闘争10・8-11・12と共産主義者同盟(1967・12・7)    1967年10月8日 羽田の闘い(1968・2・10前進社)      反帝戦線6号(社学同全国中央執行委員会1968)   
 
                                 WEB10.8山崎博昭プロジェクト                 
               
10・8山崎博昭プロジェクト英文リーフレット
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
      1960年代と私(重信房子)第1部・第2部・第3部
  第1部 はたちの時代(1965年から67年)

 第2部 高揚する学生運動の中で(1967年から69年)第1章社学同参加と現代思想研究

    第2章国際連帯する学生運動ー準備中
   
    第3部 赤軍派時代(1969年から72年)ー準備中

  トランプ政権の「中東和平案」(重信房子2月10日「オリーブの樹」149号)

  パレスチナ解放闘争史1916-1994      
        ~オスロ合意に至るまで~          

             (重信房子)2020年連載アップ開始!                    

          May 14, 2018 A Palestinian demonstrator during protests (AFP)
          
 
Jamāl al-Dīn al-Afghān        smail Enver Paşa        Abdulrahman bin Faisal Al Saud  Thomas Edward Lawrence    usayn ibn `Al  

 
David Ben-Gurion    Golda Meir       Yitzhak Rabin     Menachem Begin     Ariel Scheinermann      Benjamin Netanyahu

 Zakhi Al-Arsoozi   Michel Aflaq     Ahmad Schkeery     Yahya Hammuda      Yasser Arafat     Mahmoud Abbas   

Gamal Abdel Nasser      Anwar Ah-Sadart    
Muhammad Husni Mubārak    Hussein bin Tala     Hāfiz al-Asad      Muammar al-Kazafi       Sadadm Hussein 

yatollāh Rūhollāh Khomein Sayyid Hassan Nasrallah  Amad  Yasin     d el-Aziz Al-Rantisi  Ismaʻīl Haniyya   shaker al absi    

 Constantin Zureiq   George Habash         abu ali mustafa          Ahmad Sa’adat      Ahmad Jibril           Nayef Hawatmeh    Wadie HaddadAbu-hani)  Abu Nidal     Marwan Barghouti     
                               はじめに(4・18校正)      目次(3・25校正

    パレスチナ民族憲章(1964)    パレスチナ民族憲章(1968)    パレスチナ独立宣言(1988)  
      PLO政治行動綱領(1971年)    PFLP政治綱領(1969年)

         
     
第1号(1985・9・30)       第2号(10・31)         第3号(11・20)      第4号(11・30)     5号(12・25)

                        
第1号(1985)~第100号(1994)準備中        


     第1章アラブ民族運動とパレスチナーサイクスピコ密約とバルフォア宣言の中で 

     第2章パレスチナ分割

     
第3章ナセルのアラブ民族主義とパレスチナ

     
第4章パレスチナ解放勢力の登場

 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
   1960年代を中心に、ブントー新左翼の古文書をPDFでアップします    「・・・・彗星の如く現れ消えた『同盟』。それはそもそも何ものであったか。      
        闘争史の「記録」であり、1958年共産主義者同盟(ブント)結成以降、           安保闘争ののちに訪れた分派闘争と混迷の中からすでに立ちあがったもの、そして大管法から憲法改悪に至る反動化を前に
        60年代の関西ブントを中心にしています。                            新しい戦列を固めなけらばならないもの、またあの『同盟』が既成左翼のくびきを断ちきり更に伸び上っ
        「奇妙な情熱」と、ご理解されたし。   2016年1月18日開設                   手を届けさせようとした『新しい我々の党』をそれの一歩一歩の歩みからきづきあげるもの、
                                                               それが我々であるならば、我々はもう一度この問いに答えなくてはならない。
                                                               共産主義者同盟とは何であったか。同盟は安保闘争と分派闘争で何を主張したか、成果は、誤りは何か、
                                                               我々は現在まで何をどの程度に深め発展させたのか、残されいる仕事は何か・・・・・・・・」
                                                                               (「低迷の中から~共産主義者同盟は何を明らかにしたか」田原 芳1962年)
                                                                                                          
                                                                                                              
    PDFは、オリジナルの経年劣化、コピー等で一部判読困難、線引き、書き込みが
    あります。 ご容赦下さい。リンク、プリント、利用は自由です。                                                
                                            
    PDFファイルは「Adobe Acrobat Reader DC」を利用しています。                                                        
     フリー・ソフトですので、ダウンロードしてファイルをご覧ください。
     5MB等以上のファイルは、アップに少し時間がかかります。 
    注意! Internet Explorer・Fire Foxで正常作動                                 
       Google Chrome、Microsoft Edgeは一部不具合があります。
  ★モニター・サイズ~1920X1080で作成(PC Windows10 2019・12・9変更)
 
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
                                      謝辞ー資料の提供と教示を頂いた方々・・
     元第二次共産同)故K氏 A氏 F氏 故T氏 T氏 (古書肆 獺祭書房)M氏 鹿砦社)M氏 (情況出版)故O氏、Y氏 (人民新聞社)Y氏、T氏 M氏 (岩井会)N氏
 
       (共産同首都圏委員会)故K氏 J氏(共産同蜂起派)H氏 N氏 (共産同統一委員会)K氏 (共産同火花)M氏、S氏、Sib氏 (労働者共産党)M氏 日本革命党) T氏
 
        (元共産同《地鳴り》団) A氏  (元共産同マルクス主義戦線派) y氏  (元共産同赤軍派) H氏 T氏  ● (元共産同全国委M・L主義派) E氏 N氏   (元共産同RG) E氏   (元共産同叛旗派) M氏 
 
           (元共産同戦旗派) S氏  (元京大労働運動研究会) W氏  (元福岡ブント) O 氏 (元共産同プロレタリア通信編集委)H氏 A氏 (元労働者共産主義委員会) O氏  (元日本赤軍)S氏 Y氏
 
           (革共同再建協議会)H氏、T氏 M氏 K氏 O氏 (元革共同全国委員会)M氏 (革命21)S氏 T氏 (元プロレタリア学生同盟)I氏 (元日本マルクス・レーニン主義者同盟)F氏
 
       ●(Assert Web)S氏 WEBボリュームE)A氏 ● (WEB新左翼各党派機関紙・冊子) Y氏  (WEB旗旗) S氏  (WEB遺されたもの) T氏  (「技術と社会」資料館) Y氏
                                                                  
            ● (元阪神共産主義者協議会) S氏  ●(連合赤軍の全体像を残す会) Y氏  (千葉研究会) N氏  ● (元松本礼二事務所) S氏   (元京大同学会委員長) Ito氏  Iti氏   (元全金港合同大阪亜鉛支部) M氏

            ● (重信房子さんを支える会・関西) M氏  (城﨑勉さんを救援する会) 故Y氏  (オリオンの会)W氏  H氏   ●(重信房子さんを支える会) Y氏 I氏
 
 
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★                                                                          
        
  
              新左翼ーブントの歴史について               共産主義者同盟(ブント)文献について        リンク集~ブント系分派等         


                                  ★新左翼ーブントの歴史                    

                                                                          
            新左翼ーブントの歴史1945~1957前史   新左翼ーブントの歴史1958~1960      新左翼ーブントの歴史1961~1965    

 

         新左翼ーブントの歴史1966~1968      新左翼ーブントの歴史1969           新左翼ーブントの歴史1970~1972       

 

         新左翼ーブントの歴史1973~1980      新左翼ーブントの歴史1981~1990      新左翼ーブントの歴史1991~2000     

 

         新左翼ーブントの歴史2001~2019     新左翼ーブントの歴史2020~

 
                ★共産主義者同盟文献リスト                       
       新左翼ーブント通史        追悼・遺稿集          第一次ブント        第一次ブント分派    
 
    第二次ブント             第二次ブント分派             
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                  

                第一次共産主義者同盟                 

       
           共産主義』1~7PDFアップ!「戦旗」第1号~53号全号PDFアップ
                 東京ブント~マルクス・レーニン主義者同盟(共産同再建大会準備委員会)・共産主義者同盟・社会主義研究会
                         
       第1号(ML同盟1963)準備中     マルクス・レーニン主義2(1964)    帝国主義崩壊の原理と携帯(共産同教育宣伝部1964)  現代資本主義への一視角(門松暁鐘1964)   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
                   共産主義者同盟(マルクス主義戦線)  社会主義学生同盟(SSL) 
                ●『マルクス主義戦線』(創刊号~3号欠)第4号~14号アップ              社会主義学生同盟『理論戦線』1~5号、6~9号アップ
               ●『世界革命』創刊号~5号アップ(6号欠)、
            
革命権力』創刊号~3号アップ 全号                 共産主義青年同盟『理論戦線10~12号アップ       
          ●『武装』創刊号~(5.6号欠)7号アップ             
            ●『共産主義革命』1~7アップ、全号                                                                           
                        機関紙「前衛1号~10号アップ「怒涛」第1号~アップ     

 

                                                       共産主義者同盟統一委員会                                 
                          
●『共産主義』復刊準備号。復刊1号ーPDFアップ                                                      
                                                         
 機関紙「先駆」創刊号~33号(8号欠)PDFアップ 

 
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
       第二次共産主義者同盟(1966)
                                ペンネーム(本名)リスト
          インタビュー特集第二次ブント三〇年(塩見孝也・前田裕晤・成島忠夫・1996)                                            

                                  
PDF第二次ブント『共産主義』総目次      
     『共産主義』8号(第6回大会報告)         『共産主義』9号         『共産主義』10号     
 
     『共産主義』11号(第7回大会報告)       『共産主義』12号        『共産主義』13号(第9回大会報告) 

     第二次共産同機関紙「戦旗」Chronicle 
              
第76号~249号~全号PDFアップ
                         
 
                                                                                                               
 
             越えられた国境(国際反戦集会1968・8・3)              『国際階級闘争資料集』NO1(1968・12・1)
                                             
          
        
 
                           
                 激!赤放創刊号(RG1970)                    『檄!赤報』第二号(RG1970)

さらぎ徳二(右田昌人) 松本礼二(高橋良彦)    門松暁鐘(廣松渉)      岩田弘      咲谷漠(長崎浩)     佐伯武(佐野茂樹)  

正木真一(石井瑛禧)   芦川達郎(黒岩卓夫)     杉山明夫(古賀暹)     水沢史郎(服部信司)   藤井竹明(成島道官)  杉村宗一(矢沢国光)  秋本道夫(望月彰)     

飛鳥浩次郎(佐藤浩一)   園田浩(仲尾宏)        大崎悟(前田裕晤)     田原芳(中島鎮夫)      佐々木和雄(渥美文夫)    三谷進(浅田隆治)   八木沢二郎(新開純也)    永井武夫(清田裕一郎)   

一向健(塩見孝也)          坂部潤(八木健彦)      坂健一(高原浩之)       石川明(上野勝輝)      榎原均(竹内毅)       竹野巌(田中正治)     高見沢洋一(坂井與直)    

野崎進(柳田健)     旭凡太郎(藤本昌昭)        江夏五郎(児玉春海)     
羽山太郎(佐藤秋雄)     日向翔(荒岱介)        三上治(味岡修)   神津陽(薬師寺忠昭)  

                        第二次共産主義者同盟分派ー①    
              
     共産主義者同盟(戦旗派)               共産主義者同盟(12.18ブント)    
     ●『
共産主義』14・15・16号、PDFアップ                          ●『共産主義』14・15号、PDFアップ
                                                          機関紙「戦旗」中央戦旗社)250~264号・全号PDFアップ 
                               ★第二次共産主義者同盟分派ー②  
                             
              共産主義者同盟赤軍派        共産主義者同盟赤軍派ー分派           
    機関誌紙『赤軍』「赤軍」全号PDFアップ       プロ革派・ML主義派・プロレタリア派・紅旗派・赫旗派・労働者共産党
            
                    日本赤軍JRA                   共産主義者同盟再建準備委員会 
     ★「オリーブの樹』全号PDFアップ
                 
 共産主義者同盟叛旗派   共産主義者同盟蜂起派・蜂起左派   共産同プロレタリア通信編集委員会         
     機関誌紙叛旗』「叛旗」全号PDFアップ         「赤星」「RS」全号ーPDFアップ                 全号PDF化アップ                                     
                                       
   共産同遊撃派    共産同革命の旗派  共産同首都圏委員会     共産主義者協議会     
                                                                                                      全号PDF化アップ 
                   第二次共産主義者同盟分派ー③
                  
    「赤報」全号PDFアップ                    「烽火」全号(265~585号)準備中                 第17号、第29号(5分冊)~第一次綱領PDFアップ
    RG救対ニュース・ASSB全号アップ                                                 第1号~100号準備中 
                                                                               
   リンクoffice-ebara.org                      リンク共産主義者同盟統一委員会                  リンク共産主義者同盟(火花)
                                                                                                   
 
       ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 
                                        
        第1号(1968・8・5)  第100号(1971・10・15)  第500号(1983・10・15) 第1000号(1999・1・25)  第1500号(2013・12・5) 第1600号(2016・11・25) 

             
            関西を中心に政治運動、労働運動、市民運動、社会運動と世界の闘い・半世紀のChronicle 全号PDF縮刷版
                              
                    2019年刊行!¥50000 
                                                    WEB★人民新聞com    twitter★人民新聞        
 
 
                         PDF渡邊雄三自伝ー奔流する時代を見つめ続けて(「人民新聞」2003)    
 
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
                                           新左翼文献リスト
              
                      
    
     第24号(2019年12月)最新号   著=ルート・フィッシャー 訳=掛川徹 発行=編集工房 朔
                                 ¥1000+100                                              ¥3700+370

                                           革共同私史(橋本利昭『展望』18号2016) 
 
                                革共同全国委員会Chronicle                      
               
    創刊号(1969・7)      2号(9)      3号(11)            4号(1970・1)      5号(3)        6号(6)
          
    7号(8)          8号(10)        9号(11)          10号(1971・3)    11号(4)        12号(7)   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

       ★三里塚闘争Chronicle           
    
         三里塚・駒井野団結小屋
        1971年9月16日、空港反対派が所有する土地に対し、千葉県による第2次強制代執行が行われた。写真は空港反対同盟最大のトリデ・駒井野団結小屋写真=朝日新聞社  
  
 
                 
闘う三里塚(第1集1969) 
三里塚鉄塔決戦勝利(1971)ボリシェビキを国会へ(三支労1974)鉄塔を人塔に(三支労1974) 人民新聞号外(1974・6・25)
実力闘争を堅持じ(1976)
                    
号外(1978・3・27)       号外(4・3)         第517号(4・3)     三里塚ー78年の春(1978)  治安弾圧を打ち砕け(1978)

                                                                      
動労千葉支援・三里塚連帯(1978)   三里塚動労千葉(1979)        動労千葉決戦ストライキ(1981)  
        
                              
    青行隊通信第五號(1980)       '83春 三里塚(坂志岡団結小屋1883)         連帯する会ニュースNO32(1983)

                                            
         二期を許すな(岩山団結会館1982)  東峰死守戦(1989)      三里塚闘争史(「ひろば」特別号1987)                         

                           
  三里塚決戦の記憶と意味(2009)         2017年      2017年        2018年   
開港阻止闘争から40年・・(横山茂彦2018)    開港阻止決戦って何だったのよ、(H2018)  
 
   ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 
関西ブントChronicle                   
              『ボルシェヴィズム通信」全号PDFアップ 「新左翼」1960年代全号PDFアップ「フォトニュースひろば」第1号~5号PDFアップ
                                      PDF関西ブント略史      
 
                                             『序章』『査証』『季節』Chronicle       
                                   
      
                                                    
                    関西の学生運動Chronicle          
  
                                             
                            
階級的労働運動Chronicle         

                労働者協会 機関誌『烽火』全号PDFアップ! 
             PDF『烽火』『共産主義』総目次   
                  
                  
             烽火』NO1(1961・10・6))  『烽火』NO2(10・16)   「烽火」NO3(12・10)        『烽火』NO4(12・23)      
                       
            『烽火』NO5(1962・1・23)     『烽火』No6(2・14)    『烽火』NO7(3・31)    『烽火』NO8-9(4・20)    
 
                 
                 (関西)共産主義者同盟 機関誌『共産主義』全号PDFアップ! 
                                                                                                                                   
                  『共産主義』NO10(1962・6・5)        『共産主義』NO11(7・10)  『共産主義』NO12(9・15)    『共産主義』NO13(11・27)      
      
                                

           『共産主義』NO14(1963・3・1)        『共産主義』NO15(6・10)            『共産主義』NO16(1964・8・2)    
                (関西)共産主義者同盟機関紙「烽火」   
              
PDF機関紙「烽火」総目次    
                              
            NO1(創刊号1962・11・15 )  NO2(3・1)         NO3(12・15)        NO4(1963・1・15)     NO5(2・1)  
                                                                                                                           
           NO6(2・15)         第7号(3・1)         第8号(3・15)         第9号(4・15)      第10号(5・1) 
  
                                                                                      

         NO11(5・15)        第12号(6・1)         特別号(6・13)        第13号(6・15)      第14号(7・15) 

  
    第15号(8・1)            第16・17号(9・1)        第18号(9・15)        第19号(10・1)       第20号(11・1)        
                                                                           
      第21号(12・11)        第22号(1964・1・21)     第23号(2・21)        第24号(4・12)      第25号(4・12)  
                                                        
     第26号(4・27)         第27号(5・15)         第28号(5・30)        第29号(6・1)      第30号(6・20)  
    
       第31号(7・4)         第32号(7・20)        第33・34号(8・3)       第35号(9・26)     第36号(10・10)  
    
        第37号(10・25)         第38号欠            第39号(1965・1・20)     号外(1・22)       第40号欠           
                                                                                                              
         第41号(2・11)        第42号(3・3)         第43・44号(4・14)      第45号(6・15終刊)    

              第二期『烽火』(共産同関西地方委員会)全号PDFアップ 

        PDF第二期『烽火』総目次     
                           
               NO1(1966・6・15)   号外(1967・5・15)      第2号(1967・6)     第3号(1967・8)      NO4(1967・9・25)    

 

                          
             NO5(1967・11・3)     NO6(12・7)        NO7(1968・1・31)    NO8(2・29)      NO9(5・21)     

 

                             
              NO10(6・15)      NO11(9・30)          『烽火』再刊1号(1970)    

 

                                                                                                                                                           

         ★社会主義学生同盟関西地方委員会 機関誌『戦士』全号PDFアップ!
         PDF『戦士』総目次   
                                     
  社学同関西地方委員会1963・4・20       NO1(1963)          2・3合併号(1964)              NO4(1964)       NO5(1964)      
            
                                

                     NO6(1965)       臨時号(1967)                    「戦士」2号(1967・11・18)     

                                                    プロレタリア国際主義と組織された暴力」総括提起 (坂健一・武田宏)

            
  

                       

           「戦士」2号(改訂版11・20)                 号外(1969)                 『戦士』復刊7号(1970) 
                  坂健一・武田宏)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                          
     ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★